よくあるお問い合わせ – UST Mamiya

よくあるお問い合わせ

Q: ATTAS 11とThe ATTAS の違いは何ですか?
A: ATTAS 11は飛距離が落ちてきたプレイヤーや、ボールを上げたい方にオススメのモデルです。
The ATTASは、飛距離も方向性も重視したい方、クセのないしなりを求める方がオススメのシャフトです。
Q: ATTAS EE と ATTAS FW IP BLUEの違いは何ですか?
A: ATTAS EE は手元部に4軸織物を採用した走り感が強いシャフトです。切り返しでのしっかり感、飛距離とボールの上がりやすさを求める方にオススメのモデルです。
ATTAS FW IP BLUE は 先端部に4軸織物を採用しており、全体にややしっかり感があります。フェアウェイウッドにコントロールを重視するプレイヤーにオススメです。
Q: ATTAS EZ と ATTAS HY IP BLUEの違いは何ですか?
A: 両モデルとも先端部に4軸織物を採用し、ピンをデッドに狙うことが出来るモデルです。
ATTAS EZ は手元から全体にしなり感があるモデルです。ユーティリティでも飛距離が欲しい方にオススメです。
ATTAS HY IP BLUE は全体的にしっかりしたモデルです。コントロール性能を重要視する方にオススメです。
Q: ATTAS IRON  ATTAS FF IRON Recoil IRONの違いを教えてください。
A: ATTAS IRONは 全体的にしなり感があり、タイミングがとりやすいモデルです。アイアンでも飛距離を求める方にオススメです。
ATTAS FF IRONは手元部と先端部がしっかりしたモデルです。切り返しでのしっかり感やコントロールを重視する方にオススメです。
Recoil IRONはアメリカで設計したモデルで、全体的にしっかりしています。スチール感覚に近い感触を求めながら、カーボンアイアンシャフトを使ってみたい方にオススメです。
Q: ATTASとPROFORCE の違いは何ですか?
A: ATTASは日本のゴルファーのポテンシャルを最大限に引き出すために開発されたシャフトです。
PROFORCE は欧米中心のゴルファーを対象に設計したモデルです。比較的パワーのある方にマッチした仕上げにしています。
Q: ATTASとAUGAの違いは何ですか?
A: ATTASは幅広いプレイヤーを対象に、各モデルにコンセプト(打ち出し角や初速、ミート率など)があるシャフトです。
AUGAは、シャフトに飛距離を求める方を対象に、高弾性シートなど、高品質な素材を採用しているモデルです。
Q: 製品が故障してしまった場合 どうすればよいでしょうか?
A: 故障が発生した場合は、お買い上げの組立責任販売店へ製品に保証書を添えてお申し出下さい。
取り扱い説明書の注意書きによる正常なご使用において故障した場合、お買い上げ日より2年間保証致します。
詳しくはシャフトの保証/取り扱いをご覧ください。
Q: フィッティングはどんなことをするのですか?必要なものは何がありますか?
A: USTMamiyaフィッティングシステムでは クラブセッティングの整合性、スイングタイプ、ショットデータを総合的に診断し、最適なシャフトをご提案いたします。
ご来場の際は スイングしやすい服装で 今お使いのクラブフルセット・シューズ・グローブをご持参ください。
フィッティングについて詳しくはこちらをご覧ください。
Q: フィッティングはどこで受けられますか?
A: 全国に弊社フィッティングシステム実施店があります。
また、USTMmiaya FITTING LABOは 東京本社と山口県周南市にございます。
是非ご利用ください。
FITTING LABOの詳細につきましてはコチラ
Q: フィッティングを受けてリシャフトをお願いした場合 いつ受け取れますか?
A: 通常 クラブをお預かりして1週間前後でお届けいたします。
Q: リシャフトをすると必ず飛距離は伸びますか? また方向性は良くなりますか?
A: 現在ご使用されているクラブがスイングにフィットしていることも当然ありますので一概には言えませんが、フィットしていない度合が大きいほど、飛距離・方向性について改善される度合も大きいと言えます。
Q: リシャフトはどこで行えますか?
A: 弊社製品取扱店でリシャフトしていただけます。
又 弊社フィッティングにご来場頂いた方を対象に、ご希望の方にはリシャフトを行っております。
製品取扱店はこちらをご覧ください。
Q: USTMamiya製品はどこで購入できますか?
A: 全国のゴルフショップ、ゴルフ量販店・ゴルフ工房で購入できます。
詳しくは当ホームページ内の「製品取扱店」をご覧ください。
製品取扱店はこちらから